NEWS

2020.03.30 FEATURE

喜ばれる胡蝶蘭の贈り方

飲食店などの開店祝いで、華やかなお祝い花が並んでいる様子を目にしたことはありませんか?

豪華な胡蝶蘭が店の外にまでズラリと並んでいる様子は圧巻です。

 

 

大きい胡蝶蘭はお店にはかえって迷惑になることも・・・

 

飲食店や美容室、クリニックなどは小さなお店も多く、あまり広いスペースがとれない場合も。そんな中で、大きいサイズの胡蝶蘭だと営業の邪魔になってしまうかもしれません。

お花が店の外に出されているのは、多くの方に見ていただきたいのはもちろんですが、もしかしたら店内に入りきらないから外に出さざるを得ないという事情もあるのかもしれません。

 

 

おすすめは、レジ横サイズの小さな胡蝶蘭

 

あえてミディやマイクロサイズの小さな胡蝶蘭にすることで、レジ横やカウンターなどに気軽に置くことができ、お客様やスタッフの目に留まりやすいのではないでしょうか。

胡蝶蘭は長ければ3ヶ月程持つので、長きにわたりお店を活気づけてくれます。取引先の開店祝い等の場合、立て札をつけることが多いので、開店当初だけでなく、その後も長く、御社名が取引先の方の心に留まることにもなります。

 

 

個人向けギフトの場合

 

家族や友人など個人向けに贈るなら、ちょっとした気配りでさらに喜ばせましょう。選ぶ上での3つのポイントをご紹介します。

 

❥背の低いものを選ぶ

個人向けのフラワーギフトは大きさに配慮するのがポイントです。背丈の低いものを選ぶと、比較的置く場所を選びません。例えば、出窓やテーブルの上に置くことを考えると、背が低ければちょうど目線の高さにくるので、目に留まりやすいでしょう。

 

❥贈り先の部屋を想像する

贈るお相手の部屋が洋室なのか和室なのか、壁の色や、部屋の雰囲気・テイストに合わせて選びましょう。

 

❥贈る方をイメージして選ぶ

胡蝶蘭には様々なサイズや色、形があるので、贈る方の好きな色やイメージ、お祝い事に合わせて選びましょう。