NEWS

2020.08.11 FEATURE

のりお雑記 胡蝶蘭の温度管理

やる気が出なくなるわい・・・元々無いだろとか言わんでくれ。
あー、
環境省の熱中症予防サイトでも熱中症警戒アラートが発表されとるわい。
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 山梨県
上記にお住まいの方、気を付けてとくれ~
さて、今日は胡蝶蘭と温度管理について語ってみようかの。
胡蝶蘭は東南アジアなどの熱帯地域で育つというのは前回したと思うんじゃが、年間を通じて気温が25度前後となる東南アジアと違い、日本では夏は40度近く、冬は氷点下に達する地域もある・・・大きく気温が変化するのは皆さんもよくご存じじゃろ。
熱帯の植物とは言え、実は胡蝶蘭は暑すぎる環境も苦手なんじゃな。人が丁度いい、心地いいと感じるくらいの温度、18℃から25℃が胡蝶蘭にとっても適切な温度なんじゃ。
可能なら、一日中温度が一定だと、より良いよ。
温度管理が適切じゃと花持ちが良くなるのは勿論じゃが、二度目の花も咲きやすいんじゃの。夏の温度管理のコツとしては気温の上昇に注意が必要なんじゃ。できるだけ屋内の風通しのよい場所に置くことに注意しよう!今日みたいに暑い日はエアコンの付いとる部屋に置いとくのがよいかも。
ただ、気温の変化が激しい部屋はNGなんじゃ。
一般的には玄関などが気温の変化がそれほどなく一定だと言われとりますよ。頻繁に花を移動するのもストレスがかかるので注意されたし。
しかし、今日みたいな暑い日は日本列島丸ごとエアコンで冷やしたいと思うのはワシだけかの。まあ、これからの科学の力に期待じゃな。
じゃあ、またの。
花村のりお