NEWS

2020.08.13 FEATURE

のりお雑記 お盆

今日はお盆について語ろうかの。
コロナ禍で帰省は遠慮してくれ・・・とか、
皆さんはご両親に言われとらんかね?
お盆の時期は8月15日前後が多いんじゃが、
例えば、沖縄の奄美地方では旧暦7月13日から15日
(8月31日から9月2日)にお盆を行うとか。
ちなみに仏教行事の盂蘭盆(うらぼん、サンスクリット語のウランバナ)からじゃと。(旧暦7月15日を中心に7月13日から16日の4日間に行われる)
もう少し語ろうかの。
お釈迦様の弟子の一人の目連という人がおりました。
強力な神通力を持った人じゃった。
それまで個々に活動していた僧達が一定期間、1カ所に集まって修行するのを安居(あんご)と呼ぶんじゃが、安居の途中、目連は【亡くなった母は、今頃どこにいるんだろう・・・】と、ふと思い、神通力で母親の姿を探すと、餓鬼道に落ちて苦しんでいるのを見つけたそうじゃ。
そこで、お釈迦様に相談すると
「安居の最後の日(旧暦7月15日)に沢山の僧が集まるので、全ての僧に食べ物を施せば、母親の口にも入るだろう。」
と言われたので、その通りに振舞うと、僧達は飲んだり食べたり、踊ったりの大喜びをするんじゃ。すると、その喜びが伝わり、母親の口にも入り供養が出来た。
これが、日本におけるお盆行事の由来になっちょるとワシは聞いております。
ああ、お盆にはスイカや桃などの丸い果物は縁起物として、よく供えられとりますが、偶数は「割り切れる」数字として、「故人との縁が切れてしまう」と気にする人もおるんで供える個数を注意したいですなぁ。
あと初盆などで注意したいのは、花の色は白で統一するのがベターですぞ。それ以外じゃったら白い花を中心にして淡い色合いの花にしておけば、まあ間違いないじゃろうて。
今日はこの辺かな。
じゃあまたのー
花村のりお