お年賀

年始回りのご挨拶で持参するお年賀の品は、一般的にはお酒、果物や菓子折り、紅茶・コーヒーですが、絶対に食べ物でなければならないと言う訳ではありません。お年賀の訪問1月7日までに済ませたいですが、難しい場合は1月15日までに済ませましょう。持参せず、自宅へ贈る場合には鉢花や、アレンジメント、花束などのお花は、風水では良い気を呼び寄せると言われており、新年を明るく飾る縁起の良い贈答品としてとても喜ばれます。地方によって異なることもありますが、お年賀を贈るタイミングにつきましては、12月26日〜1月7日の間に贈ることが一般的です。年末にお歳暮を贈っていない場合は、少し上乗せした商品を贈るもしくは、お正月を華やかに彩るお花をプラスして贈るのも良いかもしれません。アレンジメントは玄関やリビングにそのまま飾ることができます。花束などは自由に飾れるのでそちらもおすすめです。新年の門出にふさわしい華やかさをもたらすことでしょう。相手先が喪中の場合は寒中お見舞いとして、1月8日から2月3日までに送りましょう。