移転

オフィスなどの移転祝いの贈りものとして、胡蝶蘭は最も人気が高いです。理由としては「幸福が舞い降りる」「幸せが飛んでくる」という花言葉や、花持ちがとても良いことが挙げられます。他の移転のお祝いとしては、リラクゼーション効果のある観葉植物なども喜ばれています。贈るときのマナーとして、日本の古くからの慣例では「真っ赤」は火事を連想させることから、引越しや移転のお祝いの贈りものにはタブーとされています。気になる場合には、赤色系統のものは控えておくほうが良いでしょう。しかし、昨今では企業のイメージカラーや贈るお相手の雰囲気から、デザイン性や好みを重視する傾向が多くなっています。移転のお祝いにお花を贈る場合は、移転日の前日までを目安に贈ります。当日は贈り先も慌ただしいことがあるので、当日はできるだけ避けた方が良いでしょう。1ヶ月以内を目安に引越しを終え、少し余裕ができた頃を見計らってお届けするのも、贈り先に負担をかける事がなく喜ばれるでしょう。