お悔やみ・お供え

お悔やみの花は、贈るタイミングによって選ぶ花やスタイルが異なります。
枕花や供花であれば、葬儀を前に慌ただしくされているご遺族の手を煩わせないように、そのまま飾れるアレンジメントがおすすめ。色のあるお花を入れないで白基調で仕上げるのが無難です。
一周忌以降の法要になれば、故人が好きだった色や明るく華やかなものなど、選べるお花の色や種類の幅が広がります。