法事・法要

法要では仏様に失礼にあたるとされるため、トゲや毒のあるお花は使いません。ユリ、菊、トルコキキョウ、洋蘭などの高級花材を使用するのが主流となっています。四十九日までは白を基調としたさりげない花束やアレンジメントを、一周忌以降の法要になれば、故人が好きだった色や明るく華やかなものなど、選べるお花の色や種類の幅が広がります。
法要を行う日の前日に届くよう手配しましょう。