法事・法要

法要には、年月が経つにつれ、さまざまなものがありますが、大切な方が亡くなってから何年たっても、故人のご命日は、ご家族、ご遺族にとって特別な日に変わりありません。大切な故人を偲ぶ気持ちとともに、心あたたまるお供えのお花を贈りませんか。四十九日までは、白い花のみを贈るのが一般的です。四十九日を過ぎてからは、淡い色のお花が贈られるのが一般的です。トゲや毒のあるお花は不適切と言われる慣例があるので、避けましょう。お仏壇には、手間のかからないアレンジメントやプリザーブドフラワーなどがオススメです。「葬儀に花を手配できなかった」 という方も、四十九日までにお花を受け取って頂ければ決して遅くはありません。年忌法要(回忌法要)は、故人の命日に営むものですが、ご家族の都合でそれより早まることもあります。事前に法要の日時と場所の確認をしてから法要にお花を贈りましょう。また、一周忌にあわせて先方のご自宅にお花を贈る場合は、命日当日ではなく、前日にお贈りすることをオススメします。