お見舞い

お見舞いや退院祝いの花は、黄色やオレンジなどの明るく優しい色を選びましょう。白・青・紫系はお悔やみの際に選ばれることが多いため、避けたほうが無難です。また、鉢植えは病気が長引くことを暗示させるので、お見舞いには不向き。そのまま飾れるアレンジメントやプリザーブドフラワーがおすすめです。
贈るタイミングは、病状が落ち着き回復に向かい始めた頃が最適で、入院直後や手術の前後は避けましょう。